社会保険労務士の試験には、これまでの他のページで書いてきたようにさまざまなチェックポイントがあるわけです。
もっとも、とてもひとつやふたつのWebサイトでは書き切れる量ではないのですが。

社会保険労務士の試験を今から受ける人たちはこういったチェックポイントをこれからもできるだけ探して、効率よく勉強をしていただきたいのですが、そうなると自然と勉強法は制限されていくでしょう。社会保険労務士の試験を受けるなら、ひとりでやる(つまり独学)はかなりリスクがあって、誰かの協力を受けてやっていくことが理想的だということです。

社会保険労務士の試験は例年、合格率は5~10パーセントの間に収まっていて、独学で受かっている人はさらに少ないことになります(社会保険労務士のための学校や通信教育に頼っている人たちが合格者の大部分を占めているでしょう)。
社会保険労務士の試験は、独学で目標にすることはかなりの賭けで、それも相当な時間的な犠牲を伴う覚悟が必要でしょう(独学でない方法で社会保険労務士の試験を受ける人たちが、毎年かなり不合格になっているわけですから)。

独学に固執する人たちは、金銭的なことを嫌がっていることが多いようですね。
独学だったら、最小限の出費で済みますから。
しかし、何年かかってもいいのであれば話は違いますが、時間をかけたくないのであれば独学は賢い選択とはいえないでしょう。

社会保険労務士試験専用の学校は、独学と違って勉強を教えてもらえますし、通うことで勉強そのものがはかどりますし、専任の先生や受験仲間と協力して勉強に励むことができます。
どこでもいいというわけではありませんし、通える学校が近くにないときは仕方ありませんが。

通える学校がない人たちや、独学のような自宅学習にどうしてもこだわりたい人たちが社会保険労務士試験に受かりたいなら、通信教育という手もあります。
これは、受験仲間はつくれませんが、学校に負けないレベルの先生が教えてくれますし(きちんと、合格者がよく出ている通信教育を選ばないといけませんが)、全国のどこに住んでいても利用できます。家で勉強することは独学と同じですし、学校に比べて費用もかかりません。

社会保険労務士試験の受験者には、独学のほか、学校と通信教育と、3種類の勉強法の選択肢があります。
期間や予算等の条件をよくふるいにかけて、後悔がなく、そして失敗しない選択をしていただきたいです。

>>社会保険労務士の試験対策ならこの勉強法!