社会保険労務士の試験内容の中では「年金」というと、とにかく煩雑、あるいは複雑だというイメージがあるらしいですね。といってもこれは、まだ社会保険労務士を目指すかどうか迷っている段階の人たちのことのようです。年金にも種類があり、少なくとも「国民年金法」の場合、社会保険労務士の試験内容になる部分は、極端にたいへんだというわけでもありません。

国民年金法は厚生年金法と一緒に内容を覚える必要もあってたいへんな面はあります。
社会保険労務士の仕事としても、試験内容としても、かなりのハードルになりそうに思われがちですが意外とそう難しくもないかもしれません(難しそうだという思い込みがあっての話になりますが)。

やはり、法改正が入ってまだ時間がたっていない内容については社会保険労務士試験の問題にされる見込みが強いことに留意しましょう。
とりわけ、年金の額や算出に関して改正が多いため、数字に慣れておく必要も相当あるでしょう。

総則

→用語の定義がけっこうありますから、年金の種類や年金の期間を示す用語についてはひと通り完璧に覚えるようにしていきましょう。

被保険者

→厚生年金法にも通じるのですが、やはり種類については定義の使い分けができないと試験の合格は難しいでしょう。
「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」は基本中の基本ですからまずここから完璧にしていくほうが正解です。

その他「任意加入被保険者」も社会保険労務士試験で頻出している内容といえます。
それぞれの種類については、やはり「どんな条件を満たすと資格が発生するのか」あるいは「どんなときに資格が喪失するのか」も解答できるようにしておきましょう。
また「被保険者期間の特例」も忘れずにチェックしておくべきですね。

給付

→老齢基礎年金の支給繰上げや、支給特例が比較的よく社会保険労務士試験の内容に採用されているようです。
ここでも「被保険者期間の特例」についてはたっぷりと理解を深めておくべきでしょう。

保険料

→支給の停止や繰下げの条件についてほか、保険料の納付義務について、さらに免除の条件や期間、そして追納に関する項目を覚えておきたいところです。

>>社会保険労務士の試験対策ならこの勉強法!