社会保険労務士は、年1回の試験を受けて手に入れる資格です(それだけで済むのでありませんが)。
その社会保険労務士試験の情報をほしがる人たちは、昔よりは多くなっていますがまだ確かな情報は少ないままのようです。
むしろ、試験そのものの情報より先に、「社会保険労務士の一部の先駆者たちが社会的に華々しく成功している」ことについての情報のほうが先行してしまっているきらいもあります。

社会保険労務士の試験に受かると、確かにバラ色の将来が待ち受けているという噂もあるくらいで、弁護士や会計士と同じくらいのステイタスがある職業だというイメージが形成されつつあるようですね。

社会保険労務士として成功している一部の人たちが実際に、年収が大幅に増やしていることは事実です。
うまくいっている人だと、年収1000万円を超えていることもありますし、そこまでいかなくても転職前より数百万円高い年収を稼げている開業者の例もあちこちに見られます。
また、何も開業しなくてはいけないわけではありません。
大企業の中で、人事部や総務部でその資格を発揮することもできます。
この方法で成功しても、その資格の持つ価値に見合った年収を受け取ることはできます。

そこで社会保険労務士になることを夢想する人たちも自然と出てくるのですが、肝心の社会保険労務士試験の情報があまり見つからないという事態が待ち受けているようですね。
社会保険労務士の情報が試験関連をはじめ不足気味になるのは、社会保険労務士が少し前まで地味な職業だったことも大きいのでしょう。
「士業」と呼ばれる資格の中でも弁護士や司法書士、会計士や税理士等に比べて情報不足だとよくいわれていますし、たまに情報が出てきても「少し古い情報だった」なんてことも多々あるのだそうです。

社会保険労務士になりたがる人たちはこれからもじりじりと増えていくでしょう。
しかし本番の試験を実際に受ける人となるとそんなに多くはないですし、受かる人となるともっと減ってしまいます。
社会保険労務士の試験の情報、特に試験をクリアするためのリアルな最新情報となると本当に少ないようで、いわゆる情報弱者のようになって困り果てる人たちが続出しているようです。

社会保険労務士の試験の情報、特に受かるための細かな情報に飢えている人たちが多いことから、具体的なアドバイスを多数交えたページの必要性を感じたことがこのサイトをオープンした動機です。
特に、社会保険労務士試験の科目ごとのアドバイスも多数書いていますから、好きなように役立てていただければ幸いです。

社労士試験を独学で挑戦する方は多いですが、
攻略法を理解してない方は多いと感じます。 そんな方に社労士の独学の攻略法を紹介したサイトがあります。
是非参考にして下さい。
社労士の独学サイト

>>社会保険労務士の試験対策ならこの勉強法!